「初薬師護摩祈願」法要が厳修される

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。 合掌

さて、平成31年1月8日(火)午後1時半より、
福正寺「初薬師護摩祈願」法要が厳修されました。

今年は本堂が工事中ということで、瑠璃殿に護摩壇を設置しての法要となりました。

護摩とはサンスクリット語の「ホーマ」という言葉からきていて
「焼き尽くす」という意味があります。
その意味の通り、不動明王の「智慧の炎」で煩悩や悩み痛みなどを焼き尽くし、
それぞれの願いを成就させます。


皆様の願意が書かれたお札もしっかりお加持させていただきました。

寒い中お参りいただき誠に有り難うございました。

2019年が皆様にとってより良い一年となりますように。 再拝

2019-01-10 寺だよりの一覧 平成最後の「除夜の鐘」無事終了
新着情報ここまで