お釈迦さまの「花まつり(5/8)」

當山では月遅れの5月8日に、お釈迦様の誕生をお祝いする行事、
「灌仏会(かんぶつえ)」が行われます。「花まつり」とも呼ばれている行事です。

本堂の正面に、境内に咲く花々で飾った花御堂(はなみどう)を準備して、


その中心にお釈迦様の誕生仏をお祀りします。
今にも「天上天下唯我独尊」と聞こえてきそうです。

参詣の方々は、お釈迦様が誕生した時に九頭の龍が香水を降らせたという言い伝えにならい、
甘茶を頭からそそぎ、仏の功徳を讃えます。

例年ですと、この日に護持会の総会が行なわれますが、
コロナ禍の影響で昨年に続き書面決議となりました。

来年こそ「花まつり」を皆さんでお祝いできますように・・・

「南無大恩教主釈迦牟尼如来」合掌

2021-05-12 伝教大師1200年大遠忌 御祥当法要(6/4) 3月・4月の境内は・・・
新着情報ここまで